彩歯健康アカデミーのシンポジウムより「歯周病とからだの健康」についてのご案内。 お問い合わせ
歯周病専門医 目白若林歯科歯周病研究所

メニュー
● 診療方針・スタッフ
● 診療所紹介
● アクセス・地図
● コラム
● Q&A
● 無料相談コーナー
● 歯周病のいまの症状を
  知ることの大切さ
● 診療システム
● 歯周病とは
● 歯周病の種類
● 歯周治療の流れ
● 歯周病の治療例
● 患者さんの治療体験談
● むし歯治療
● 義歯(入れ歯)
● インプラント
● 審美歯科
● 予防歯科

■■ アクセス・地図 ■■
 目白駅周辺地図
 JR山手線 目白駅周辺地図

 
歯科医師・歯科衛生士の方へ
  目白歯周病学研究会主催
  各セミナーのご案内 >>>
抜かないための歯槽膿漏の
  患者学
 若林勝夫 著
四六判並製 206頁 税込 1,470円
ISBN4 89007-045-1 C0077
歯と歯ぐきの間から入ったバイ菌が、歯肉に炎症をひき起こし、さらに、歯肉の中にある歯槽骨を溶かしてしまうからで、これが「歯槽膿漏」という病気である。
 すなわち、歯が抜けるのは、バイ菌が歯と歯肉の境目からわり込み、歯と歯肉を離れさせ、続いて骨をも溶かし、そして歯を支持している骨の量が少なくなることが、その理由である。さらに、この過程において噛み合わせの不調和や全身疾患等が、歯槽膿漏を悪化させる要因となることもある。
 したがって歯槽膿漏の治療は、その主原因である細菌との戦いに終始するわけであるが、もちろん、歯槽膿漏を助長する他の因子への対応も必要である。
 (本文より)

 

シンポジウム 歯周病とからだの健康

 座長明海大学学長 安井利一 先生
 シンポジスト医師・作家 おおたわ史絵 先生
医)歯専会 目白若林歯科歯周病研究所院長
医学博士 若林勝夫 先生

安井:健康とは自ら作り出すものだと思いますし、健康とは概念でありその人その人によってゴールが異なります。健康を目指すうえで両先生の健康づくりへのご意見を伺ってみましょう。まずおおたわ先生いかがでしょう。
おおたわ:私は現在、内科医として0才〜99才までの患者さんとお付き合いしています。医療人として健康を世の中に啓蒙する立場にいるのですが、私個人は医者の不養生であまり意識していませんが、患者さんとの触れ合いの中から色々なポイントに気づかされます。その中で1番のポイントであろうと考えることは、持っている物を使い切る事です。現代は大変便利に成ってきて歩くことも少なくなり、日常の炊事・洗濯も自動化され体や頭を使わなくても生きて行ける時代です。しかしながら使わなければその機能は弱って行きます。歯も噛まなければ、顎も唾液の分泌も弱ってゆくでしょう。せっかく与えられた機能は使い切る努力をするべきだと思うのです。
安井:若林先生はいかがですか。
若林:難しい事ですが、僕が考えていることはみずみずしく水の様に生きたいなと思っています。なぜなら水は丸い器にも四角い器にも収まるからです。最近そのような生き方が出来たらいいなと思っています。それが自分の健康に一番密着すると思います。シンプルにナチュラルに生きて行けたらと考えています。
安井:健康作りと言うと、栄養・運動・休養の三本柱で挙げられて来るのですが、おおたわ先生臨床で、健康で長寿な方や糖尿や心疾患など慢性疾患を抱えた方との違いについて気付かれる事はありますか。
おおたわ:現在、私の患者さんの中で健康で長寿だなと思う方は99才のおじいちゃんです。99才とも為れば必ずどこかは患っているので私の所に通っていただいている訳ですが、これと言って重症な慢性疾患はありません。お付き合いの中で伺ったところ付き添いなしでお一人で通院されています。私が開業している葛飾区から上野公園の博物館や美術館に毎日散歩に出かけるそうです。この方は頭も体も使うことを心掛けている事がわかりますが、この事が健康に暮らす一番のポイントだと思いました。
安井:なるほど動けるという事は大変大事なことですね。先ほど若林先生も最初に『話せる・噛める・行ける』三つの原則が大切だとおっしゃっていましたが、治療によって話す・噛めるは回復する事は分かりますが行けるとはどの様な事ですか。
若林:仙台の東北大の調査で70才代の認知症と健常者の残存歯数を調べたデータがあります。健常者15本、認知症6〜8本です。認知症はご存じの様に症状です、アルツハイマー病に由来するタイプ、脳血管系障害によるタイプ、その他いくつかのタイプがあります。アルツハイマータイプの人残存歯数はずば抜けて低く2〜3本しか無いという調査結果があり、歯を使って噛む事は健康に直結することであり『健康の入り口は口だよそして歯が健康の土台だと』言われている先生がいらっしゃいますので歯はとても大切だと思っています。
安井:一方歯科ではご存じの8020運動言われる、80才で20本の歯を残そうという運動で様々な調査がされていますが、これらの調査において目標を達成されている方とそうでない方の外出の違いには、かなりの差がある事が報告されています。歯がしっかりしている方は自由に外出する事が出来る様です。もちろん徘徊では無くご自分の意志を持って行動できると言う事ですが。健康づくりの基本は、食べる・飲む・社会的コミュニケーションを取れるという事だと思います。おおたわ先生に食べるという事についてお伺いしたいのですが、現代では過食やダイエットなどで食べる事についても難しい時代ですが、先生から見て食べるという事はどの様な事だとお考えですか。
おおたわ:私は、人間の体は食べる事と動く事で、9割がた決まると思っています。まれに遺伝的要素が関わる事もありますが、後天的な事は食べる事と動く事で9割がた出来ると思います。体をつくったり健康を作るという事は食生活や生活習慣による事が大きいので自分自身でいくらでも良く出来るわけですが、その様な事を考えながら食べる方は少ないわけで食欲は人間の本能的欲求で満たさずに居られないし楽しい事です。食欲ほど手っ取り早く満たせる欲求は無いですよね。だから先ほど若林先生のお話でも食事療法のつらさについても患者さんつらい事例を挙げて御説明がありましたけれども、手っ取り早く幸せに欲求を満たせる食事を制限する事は難しい事で、こことの戦いが21世紀の生活習慣と人間との戦いであると思います。
安井:食事は人間の喜びに関わっていてさらに自分で噛んで食べる事が大切です。チューブなどで必要な栄養を液体で摂取する事も出来るわけですが、口から噛んで食べることで最近の報告ではアルブミンの値を測ってみると、噛んで食べる方は正常値に上がっていくのが早く、そうでない方はなかなか上がっていかないとのデータが出ていて口腔のケアについておおたわ先生いかがですか。
安井:ここまでプロローグとして話を進めてまいりましたが、糖尿病と歯周病の話したいと思います。歯周病にはI型とU型とございまして先ほどまでの話はU型の糖尿病の話でした。おおたわ先生は 内科医として、最近糖尿病の患者さんの治療に歯科医院と連携をとる事が多くなっていますが内科医にとって糖尿病と歯周病とは相当興味ある事でしょうか。
おおたわ:この事は医師の間でも見解が大きく分かれている問題だと思います。私は昭和の時代に大学を卒業している年代なので、それ以前の医師には意外に『歯の事はすぐには死なないでしょう』と後回しにしてしまうきらいがあります。まず内臓疾患ありきで生きるか死ぬかの疾患ありきでしたが、ご存知の方もいらっしゃいますが私は歯科医と結婚しちゃったんですよ。その時、夫の仕事とかを見ていて『歯って実は大事かも』と私の考えが大きく変化しました。自分で診療していて口元を見ると歯が抜けていたり歯茎の色が悪そうな人には歯科医院に行きなさいと言うようになりました。すると患者さんは『まだ痛くないしなんとか噛めるからいいよ』と答えが返ってきます。それでも歯医者に行って直してきなさいと言って通院してもらうと3カ月から半年後にはすごく喜ばれる事が多いです。もちろんグラグラしていた歯を抜くだけでメキメキと糖尿病の数値が改善するわけではなく、意識の持ち方が変化して生活レベルが向上して健康レベルが総じて上がるので喜ばれます。
安井:歯科領域は直してみなければ患者さんも解らない事が多いですね。それなりに食べられていれば現状で妥協して自分自身を納得させてしまうのですから。実はかなり昔から糖尿病から歯周病への関連は言われておりましたが、若林先生のところでは逆に歯周病から糖尿病への移行に注目されたことが最大の発見であると思いますが、先生は理論から結びつけられたのでしょうかあるいは、患者さんの状態を見てでしょうか。
若林:患者さんから学びました。実は何例か糖尿病である事を知らずに歯周病の治療を進めていくと患者さんから糖尿病の数値が良くなってきたとデータを持って来ていただいて口腔内の写真と照らし合わせながら見ていくと平均的に良くなっていく事がわかり、もしかしたら何らかの関連があるのではないかと考えたのが1990年初めで自分でいろいろな文献を読んだり先輩に尋ねたりして試行錯誤しながら研究してきました。
安井:それでは会場の方からご質問を頂戴しましょう。これまでの内容以外でもおおたわ先生が何を召し上がっているかでもかまいません。
来場女性:おおたわ先生は今朝何を召し上りましたか。
おおたわ:そう来ましたか。人に誇れるようなものは食べていないのですが今日は1時に会場に着いたので朝食は近所のパン屋さんで買ったサンドイッチ2切れと紅茶をいただきました。私は肥満児出身ですごく太っていて、今でも食べる事には多少気を付けています今でも痩せているわけでなくすぐに太ってしまうので1パック買ったらちょっと残すように心掛けています。外食産業の1人前は少し量が多いですよね。目がほしくても脳が欲しても口がほしくても必ず一部分を残しておいて、次に回すかもう1人に食べさせるとかして、うまく活用しています。私が糖尿病の患者さんへの食事療法の時に何を食べていいですか、何を食べてはいけないのですかと質問されるのですが、これが何カロリーだからこれぐらい、これはカロリーが多いから控えるなどと指導すると長続きしません。好きな物を食べていいけれどおまんじゅうだったら半分にして残りは明日にしよーか、ケーキも半分食べて次の日に取っておきましょう、毎日の食事も全ての物を一口ずつ残してそれを1カ月続ければ必ず変わるよと言うのが、糖尿病の方への□説き文句です。
安井:今のお話の最後の最後の一口を亭主に食べさせるというのは、昔ハーバード大学で亭主を早死にさせる10カ条と言うのがありまして。女房ににらまれると寿命が短くなると言う中にその様な節がありまして疲れているのだから甘い物を食べた方が良いよと言われたら気をつけろと、あった事を思い出しました。続いて他にございますか。
会場女性:私は若い女性歯科医師ですが女性医師だからこそ見られる、男性と異なる目線や接し方などありましたら教えていただきたいのですが。
おおたわ:女医さんの事ですね、私は外来の時は中性的なので化粧気もないし足も開いて座っていたりしているのですが、後か考えてみるとおばあちゃんなどが、今日は女医さんだから女性ならではの悩みを打ち明けてくださる事が多かったと思います。それから患者さんとどれだけ無駄な話が出来るかですね、私は内科医なので外科医のようにメスも持ちませんし大してできる事はないのです。内科医はじゃべる事と自分の脳の中の知識しか武器がないので、病気の話のほかになんでもない話をする事に力を注いでいます。高血圧の患者さんでも、家庭内の嫁姑問題を抱えていたり家庭内のストレスが高血圧や糖尿病の引き金になる事は解って来ていますので、ただ単に病気を診る・身体を診る・血液データを見て良くなった悪くなったと話をするだけでなく、何気なく最近ダンナとどうとか仕事はうまくいっているとかどうでも良い事お聞きとりながら、生活習慣などを研鑽していくことも必要だと思います。
会場女性:今日、本をいただいて読みたいと思っています。私は猫を飼っているのですが、犬の方がいいのでしょうか。
おおたわ:今日皆様のお手元に届いている本は『犬への愛は血圧を下げる』と言う本ですが、私の本で1番売れた本は『女医の花道』ですが今日はこちらの本を選ばせていただきました。私らしさの出ている気にいっている1冊です。私自身が犬人間で、キリキリしているより犬でもナデナデしていれば血圧ぐらい10や20位すぐ下がると言う事です。なぜ犬で猫でないかといった事は全く関係ありません、ご自分の好きな物ならいいのですけれど犬は、従順さがバカみたいなんです。猫のように自我を持っていないので何をしても、こちらを見つめていてそれだけ弱い種族なのだと思います。猫の様に意思を持って生きていけなくてご飯をもらわ無いと生きていけない愛玩犬はオオカミとはかけ離れていてバカなほどの従順目を向けられる事がストレスフルな現代人には、他にチャンスがないでしょう。ご自分のお子様がいらっしゃる方でもその様な従順な目を向けてくれるのは3才まででしょう。犬は何才になっても子供のまま従順の眼差しを向けてくれます。
安井:それでは最後にもうひと方。
来場女性:今日は大変ありがとうございました。先生は健康について一番の目標にされている事は何でしょうか。
おおたわ:健康は概念なので難しいですが、欲張らない事だと思います。人間の欲望は青天井なのでもっと上もっと上と何時までも満足出来ないので、自分自身で決めた目標に沿えばよいと思います。私は眠れている事と食べられている事、毎日毎日どこかが痛いという思いがない事の3つを満足していれば健康で幸せかなと思っています。私は40代なので50・60・70・80才になってもその状態をキープ出来ていれば良いなと思っています。美容面に関しては、最近ではケミカルピーリングだとかレーザーフェイシャルなど美容医学の進歩がものすごいですが私は人工的にそうゆう事をするのはどうなのかなと思っています。プチ整形についてもいかがなものかと思っている方なので、夜見ると私もシワだらけなのですが そのシワを良しとして暮らしていくのも良しなのかと考えています。人工的に手を入れると素顔が似合わなくなるのです。美人女優さんなどのオフ日の写真を見るととても違和感がある場合があります、それは人工的な物と自然のものとが入り混じっているからです。すっぴんでも外来が出来る様に年齢を重ねていきたいと思っています。
安井:ありがとうございます。こうしてずっとお話を伺っていて色々会場のみなさんもおおたわ先生のように美しさを保っていられるかなどを参考になさってください。実は私は、今お話しされた事が健康へのエッセンスだと思います。健康とは人から色々してもらう事では無く、自分でできる事は何なのか変えられることは何かをまず考える事が大切なのだと思います。
[引用「埼玉県歯科医学大会」]

歯周病とは >>>
歯周治療の種類 >>>
歯周治療の流れ >>>
歯周病の治療例 >>>
 歯周病に関するQ&A >>>
 患者さんの体験談 >>>


■■■■■■ メール相談・お問い合わせ ■■■■■■

歯周病やその他歯に関するご相談をお受けしております。
気になることがございましたら何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

E-MAIL
氏名
年齢
住所
相談内容

歯周病専門医 目白若林歯科歯周病研究所
ご相談・お問い合わせ
診療所紹介
 ・診療方針
 ・診療所紹介
 ・アクセス・地図
 ・Q&A
 ・無料相談コーナー
歯周病の予防と治療
 ・歯周病のいまの症状を
  知ることの大切さ

 ・診療システム
 ・歯周病とは
 ・歯周病の種類
 ・歯周治療の流れ
 ・歯周病の治療例
 ・患者さんの治療体験談
一般歯科 etc...
 ・むし歯治療
 ・義歯(入れ歯)
 ・インプラント
 ・審美歯科
 ・予防歯科
コラム・講演など
 ・コラム
 ・歯周病を知ることの利点
 ・噛んで防ごう全身疾患
 ・歯周病とからだの健康