補綴物が自然に映えるような、いわゆる生きた臓器(歯)の再現(幼想)を目指しています。 お問い合わせ
歯周病専門医 目白若林歯科歯周病研究所

メニュー
● 診療方針・スタッフ
● 診療所紹介
● アクセス・地図
● コラム
● Q&A
● 無料相談コーナー
● 歯周病のいまの症状を
  知ることの大切さ
● 診療システム
● 歯周病とは
● 歯周病の種類
● 歯周治療の流れ
● 歯周病の治療例
● 患者さんの治療体験談
● むし歯治療
● 義歯(入れ歯)
● インプラント
● 審美歯科
● 予防歯科

■■ アクセス・地図 ■■
 目白駅周辺地図
 JR山手線 目白駅周辺地図

 
歯科医師・歯科衛生士の方へ
  目白歯周病学研究会主催
  各セミナーのご案内 >>>
抜かないための歯槽膿漏の
  患者学
 若林勝夫 著
四六判並製 206頁 税込 1,470円
ISBN4 89007-045-1 C0077
歯と歯ぐきの間から入ったバイ菌が、歯肉に炎症をひき起こし、さらに、歯肉の中にある歯槽骨を溶かしてしまうからで、これが「歯槽膿漏」という病気である。
 すなわち、歯が抜けるのは、バイ菌が歯と歯肉の境目からわり込み、歯と歯肉を離れさせ、続いて骨をも溶かし、そして歯を支持している骨の量が少なくなることが、その理由である。さらに、この過程において噛み合わせの不調和や全身疾患等が、歯槽膿漏を悪化させる要因となることもある。
 したがって歯槽膿漏の治療は、その主原因である細菌との戦いに終始するわけであるが、もちろん、歯槽膿漏を助長する他の因子への対応も必要である。
 (本文より)

 

審美歯科

口もとは人生をも変える

 審美歯科審美とは、例え作った物であっても元来自分の物であるがごとく存在し、それが最も自然であるということを意味していると考えます。審美的な歯科補綴は技工士が担当し、上下の歯の噛み合わせ、歯と補綴物の適合、そして補綴物の色調と機能的な形態などに傾注し、さらに補綴物が自然に映えるような、いわゆる生きた臓器(歯)の再現(幼想)を目指しています。
  審美補綴は、上記のような基本的な概念のもとに実践されますが、その根底には健康であるということが必須条件となります。

こんなだった歯も・・・   こんなにきれいに。

1本の歯のセラミック冠(陶材冠)と審美

 一本のセラミック冠は周囲の天然歯と調和することによって自然に映ります。それは、周囲の天然歯に主導権があるからです。審美的に優れたセラミック冠は、形態と色彩にかかっています。
 天然歯の形態は全体的に丸味があり、また天然歯の表面(エナメル質)は独特の光沢をしています。それらを、セラミック冠に素直に表現できれば審美的な満足が得られます。即ち、セラミック冠があたかも天然歯のように映るのが、ここで言う審美でしょう。

■症例 D1

治療前

治療後

■症例 D2

 この症例は、不揃いの歯の先端を一致させ、そして適切な歯の長さを付与するために歯周外科手術により、歯肉の位置を変えることから始めました。それ故、適切なセラミック冠を入れることができました。尚、セラミック冠の形態と色彩は、周囲の天然歯と十分調和していると言えましょう。

治療前

治療後

■症例 D3

 前歯、奥歯のセラミック冠の審美は、残っている天然歯よりセラミック冠が多い場合は、セラミック冠が少ない天然歯を色彩的に吸収します。それ故、勿論残っている天然歯を参考にします。しかし、患者さんの諸状況に適したセラミック冠を選択することが可能です。
  下の4本の前歯の天然歯より、明るい色のセラミック冠を作成しました。尚、患者さんの笑顔の写真は下の歯は全く見えません。ということは、セラミック冠の色や形態の決定には患者さんの様々なお口元の表情を詳細に調べることが極めて重要なことといえるからです。

治療前

治療後
治療後の笑顔

セラミック冠の歯茎寄りの黒い線

■症例 D4

(1) (1987.2)
セラミック冠装着後、約10年経過。冠の歯肉寄りに僅か黒い線が見える。装着時は歯肉の中に隠れていた。
(2) (2003.8)
16年経過し、歯肉が収縮し黒い線と歯根が見えている。この歯肉の収縮は病的ではなく生理的な反応である。
(3)
セラミック冠装着後5年経過し歯肉の収縮により冠の辺縁と歯根が露出しているが黒い線は見えない。これは、特殊な作り方をしているからである。審美的に評価される部位は出来れば黒い線が見えない方が良いでしょう。

■症例 D5

(1) (2002.1.6)
〜年前に8本のブリッジを装着しているが黒い線が審美を損なっているとの主訴で来院。尚、前の4本は歯を失っている。
(2) (2003.3.26)
特殊なセラミック冠の作成により黒い線がないブリッジを装着した。将来、歯肉が収縮しても黒い線は見えない。
豊かな人生を歩んでいる様子、この笑顔が証でしょう。

■症例 D6

(1)
上の前歯に隙間があり、かつ少し前へでている。

(2)
セラミック冠装着。隙間と前方突出が改善されている。

歯肉の異常形態の治療

■症例 D7

(1) 治療前(1987.9)
右上の中切歯5年前に抜歯されている。その部位に大きい窪みができている。
(2) 治療中
歯肉が吸収されているため、仮歯のブリッジの歯茎が不揃いである。
(3) 治療後14年経過(2001.3)
窪んでいる部位に上顎の歯肉を移植し歯肉の形態を整え、セラミック・ブリッジを装着した。歯(根)の無い部位があたかも歯(根)があるがごとく映っている。術後、14年経過している。
(4) (2005.7)
歯肉移植後、18年経過し全く変化は見られない。

■症例 D8

 異常な歯肉形態が存在する場合、セラミック冠を入れても審美的な回復が得られないことがよくあります。そのような症例に対しては術者の技術だけでは補うことができません。即ち、セラミック冠が審美的に映えるような歯肉形態を付与するために歯肉移植術や歯肉移動術などの歯周外科手術を行うことを優先します。

(1) 治療前 (1996.6)
左上の中切歯の歯茎が不揃いである。セラミック冠を入れても決して審美的に満足は得られない。

(2) 治療後 (2001.12)
 歯肉移植を伴った歯周外科治療により歯肉の位置を一致させ、セラミック冠により審美的な要求を果たした。

歯の矯正と審美

■症例 D9

 歯の不揃いは、矯正治療を行うことで審美的な回復を計ります。さらに、金属による充填物(治療済み)をセラミック に置き換えることで審美的な役割を果たします。尚、歯の不揃いは、上下の歯の噛み合わせの不調和の原因にもなり、様々な障害を及ぼすことも多くみられます。それ故、矯正治療は、歯を美しく並べ変えること、正常な噛み合わせを作ること、さらに歯みがきをし易くすることなどの目的があります。

初診
96.12
99.11
02.10

審美と健康

■症例 D10

 歯は歯根の周囲の骨により頑強に支持され、そして歯肉が歯に接合し細菌の侵入を防ぎ、歯の健康を保持しています。要するに歯と骨、そして歯肉が一単位の組織複合体として存在し、口腔の様々な機能を果たしているわけです。
 とくに、歯は歯肉、骨が歯周病により病的変化を起こすことで審美的にも機能的にも問題が起こります。そこで、歯の審美を期待するためには、歯肉と骨が健康であるということを最優先しなければなりません。この症例のように歯肉と骨に対する治療を行い健康を確得しました。このように美しい綺麗な歯があたかも誕生したかのように映っています。

(1) 治療前

(2) 治療後8年経過
 

 美しい歯は口元を輝かせ、素敵な口元は人生を創る


審美歯科に関するQ&A>>>


■■■■■■ メール相談・お問い合わせ ■■■■■■

歯周病やその他歯に関するご相談をお受けしております。
気になることがございましたら何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

E-MAIL
氏名
年齢
住所
相談内容


 
歯周病専門医 目白若林歯科歯周病研究所
ご相談・お問い合わせ
診療所紹介
 ・診療方針
 ・診療所紹介
 ・アクセス・地図
 ・Q&A
 ・無料相談コーナー
歯周病の予防と治療
 ・歯周病のいまの症状を
  知ることの大切さ

 ・診療システム
 ・歯周病とは
 ・歯周病の種類
 ・歯周治療の流れ
 ・歯周病の治療例
 ・患者さんの治療体験談
一般歯科 etc...
 ・むし歯治療
 ・義歯(入れ歯)
 ・インプラント
 ・審美歯科
 ・予防歯科
コラム・講演など
 ・コラム
 ・歯周病を知ることの利点
 ・噛んで防ごう全身疾患
 ・歯周病とからだの健康