歯周病治療の流れ(問診、治療、メンテナンス)についてご案内させていただきます。 お問い合わせ
歯周病専門医 目白若林歯科歯周病研究所

メニュー
● 診療方針・スタッフ
● 診療所紹介
● アクセス・地図
● コラム
● Q&A
● 無料相談コーナー
● 歯周病のいまの症状を
  知ることの大切さ
● 診療システム
● 歯周病とは
● 歯周病の種類
● 歯周治療の流れ
● 歯周病の治療例
● 患者さんの治療体験談
● むし歯治療
● 義歯(入れ歯)
● インプラント
● 審美歯科
● 予防歯科

■■ アクセス・地図 ■■
 目白駅周辺地図
 JR山手線 目白駅周辺地図

 
歯科医師・歯科衛生士の方へ
  目白歯周病学研究会主催
  各セミナーのご案内 >>>
抜かないための歯槽膿漏の
  患者学
 若林勝夫 著
四六判並製 206頁 税込 1,470円
ISBN4 89007-045-1 C0077
歯と歯ぐきの間から入ったバイ菌が、歯肉に炎症をひき起こし、さらに、歯肉の中にある歯槽骨を溶かしてしまうからで、これが「歯槽膿漏」という病気である。
 すなわち、歯が抜けるのは、バイ菌が歯と歯肉の境目からわり込み、歯と歯肉を離れさせ、続いて骨をも溶かし、そして歯を支持している骨の量が少なくなることが、その理由である。さらに、この過程において噛み合わせの不調和や全身疾患等が、歯槽膿漏を悪化させる要因となることもある。
 したがって歯槽膿漏の治療は、その主原因である細菌との戦いに終始するわけであるが、もちろん、歯槽膿漏を助長する他の因子への対応も必要である。
 (本文より)

 

歯周治療の流れ

 歯周病の治療に限らず全ての歯科治療は初診時に患者さんの痛み、不快症状、希望などを詳しく知るための、いわゆる医療面接(問診)を行います。痛みや不快症状に対しては、速やかに処置を行います。
 それに続いて、歯周病の病態についての詳細な診査、いわゆる精密検査を行います。

1)医療面接(問診)

 痛み、不快感、そして患者さんの希望などを伺います。それは、治療法とその内容を考案し患者さんに詳しく説明するためです。但し、緊急に処置が必要な場合は、来院時に直ちに治療に入ります。

医療面接

 治療の目的は、最適な健康を獲得することです。そのためには、その病気を治すための適切な治療法を考案することが最も大切なことです。
  適切な治療法を導き出すためには、現在の病状とその経過を調べ、さらに治療に対する患者さんの希望や患者さんの環境などの背景を知る必要があります。

 それは治療に入る前に十分時間を頂き、患者さんの関心に沿って情報を収集します。尚、治療内容、治療経過、そして治療結果(治療後の治った状態)、さらに治療後の長期にわたる健康の維持(予後経過)などについて十分認識を頂き、そして治療上の意志決定に患者さん自ら参画して頂けるように知識を提供いたします。
 このようなことを医療面接といい、治療のスタートラインに立つうえで極めて重要なことです。尚、以前は、医療面接を問診と呼んでいました。

2)精密検査

  • 口腔粘膜、舌、口唇などの診査
  • 歯及び処置歯、未処置歯の診査
  • 歯肉の炎症の有無
  • 歯垢、歯石の付着の状態
  • 歯の動揺度の診査
  • レントゲン写真の撮影
  • 咬みあわせの診査
  • 顎関節の診査
  • 口腔内写真(必要に応じて)

 

歯周病治療の流れ

 歯周病治療は、初期治療歯周外科治療修復補綴治療、そして保全治療の4つの段階から成っています。

1 初期治療

 初期治療とは、歯周病の原因を取り除き可能な限り清潔なお口の環境をつくる処置です。
 歯周病の主な原因は、歯垢、歯石などの細菌です。

 ということは、歯垢、歯石を取り除き、そして再び付着しないように適切な歯のみがき方を指導することが初期治療の重要な役割です。

 しかし、むし歯の穴、歯の斜き、歯の位置異常、そして歯の強い動揺などにより、歯垢、歯石が除去できない場合、それらを整備し、初期治療を十分果たせるような環境づくりも重要な役割です。
  これらの処置が終了し、続いて病変がどのように改善されたか或は次の処置が必要かどうかを診査します。それを再評価と言います。これらの一連の処置を初期治療といい、歯周病治療のスタートであり、必ず通らなければならない治療です。

 1)カウンセリング
  歯周病、むし歯、その他の口腔疾患、そしてその疾患に対する治療内容、治療期間、治療結果(治療後の状態)治療費用などについて詳しく説明します。
  これは患者さんにとっても術者にとっても極めて重要なことですので十分時間を頂きご理解頂けるよう説明します。
 そして治療の契約を頂き治療開始準備に入ります。

 2)ブラッシング指導
  炎症性の歯周病の症状は、歯肉の炎症、歯肉の部分的な腫れ、歯周ポケット、骨の吸収、歯の動揺、そして口臭などです。それらの症状の原因は殆んど歯垢、歯石などの細菌です。即ち歯周病は細菌に起因した疾患であるため感染症といいます。ということは、歯垢、歯石などの細菌を取り除くことが歯周病という感染症の治療の根本であり、同時に治療のスタートといえます。そして、歯垢は軟らかく歯ブラシなどの清掃器具で取りの除くことが出来るが、歯石は非常に硬いので術者(歯科医師、又は歯科衛生士)が取り除きます。

 歯垢を歯ブラシなどの清掃器具を使いきれいにすることで、とくに歯肉の炎症はいちぢるしく改善されます。それに続いて、歯根に付着した硬い歯石を術者が取り除きます。さらに、歯肉の炎症は改善されます。
  効果的な歯ブラシ法をマスターすることが、歯周病治療の成功のための絶対的な条件であることをつけ加えます。

 3)スケーリング、ルートプレーニング(SRP)
  スケーリングとは歯根に付着した歯石を取り除くことであり、ルートプレーニングとは歯石を取り除いた歯根の面を平滑(ツルツル面)にする処置です。歯周病の多くは歯周ポケットが存在しているため、歯石は歯肉の上部(肉眼でみえる)と歯周ポケットの中(肉眼で確認できない)に分かれます。
  このように歯周ポケットが認められる場合は、まず歯肉の上部の歯石を取り除き、そして一定の期間をおいて、歯周ポケットの中の歯石を取り除きます。同時に歯根面を平滑にする目的でルートプレーニングを行います。

 深い歯周ポケットに対してスケーリング、ルートプレーニングを行う場合、痛みが伴うことがあります。その場合、麻酔を使うことでまったく痛みがなく、また、麻酔も無痛麻酔法を実践していますので痛みは伴いません。尚、深い歯周ポケットは、肉眼では確認できないため、とくに高度な技術が必要となります。この処置により、当院の歯周病の全体の約80%は治っています。勿論、この時間も正しい歯磨きが施されていることが条件です。尚、歯磨き指導、スケーリング、ルートプレーニングを一括して歯周基本治療と呼んでいます。

 4)適切な歯みがきを阻害する環境の整備
  初期治療で記述したように、歯磨きの効果を期待するために、お口の環境を整えることが必要です。むし歯、充填物(つめもの)、冠(かぶせもの)の不適合、歯の傾斜、歯の位置異常、そして強い歯の動揺などが原因で適切な歯みがきやスケーリング、ルートプレーニングの効果が阻害されます。
  尚、噛み合わせの不調和なども調整することで歯周病の原因を取り除きます。これらのお口の環境整備の大きな目的は、歯みがき、スケーリング、ルートプレーニングの効果を最大限に高めることであり、歯周病治療における大切な分野でおることを強調します。

 5)再評価
  ブラッシング、スケーリング、ルートプレーニング、環境整備などを行ったことで、お口の中がどのような変化が起こったかを評価します。もし治癒していれば歯周治療は終了し、長期的な健康維持のための定期検診に移行します。しかし、改善しているが治癒が得られていない場合は、次に必要な処置を考案することになります。それは歯周外科治療であったり、或は冠、ブリッジ、入れ歯などの修復補綴治療などです。

2 歯周外科治療

 再評価の結果、歯周病の病変が残存している場合に、必要に応じて歯周外科治療を行います。歯周外科治療は歯肉に対する処置と歯肉と骨に対する処置があります。

 1)歯肉整形切除術
  歯肉が肥大し盛り上がっている場合、歯周病の進行或は審美的問題があります。このような場合、歯肉を切除し、形態を整えることにより食べカスや歯垢の付着を予防します。比較的簡単な処置のため短時間で終了します。

 2)フラップ手術
  フラップ手術はブラッシング指導、スケーリング、ルートプレーニングなどの、いわゆる歯周基本治療を行った後、再評価により歯周病変、例えば歯周ポケットが残っている場合にフラップ手術を行います。とくに、歯周ポケットが深く、或は歯根の形態が複雑なため歯周基本治療のみでは歯石を取りきれないことがあります。このような場合、歯肉を開いて肉眼で直視しながら歯石を完全に取り除きます。さらに、吸収された骨の形態に異常がみられる場合、歯肉を開いて直視下で骨の形態を整えます。このような歯周病変は歯肉も細菌感染しているので、フラップ手術時に感染組織(不良肉芽組織)を除去します。
  フラップ手術は、歯肉を開き肉眼で直視するため歯石(細菌)、感染組織を完全に取り除き、かつ異常骨形態も修整できるという利点があります。尚、手術に要する時間は約1時間程度です。勿論、痛みは一切ありません。

 3)歯肉移動術、歯肉移植術
  歯肉の退縮による歯根面の露出、経年的に歯肉の退縮がみられる場合、隣接部の歯肉を移動する手術を歯肉移動術といい、上あごの抵抗力のある厚い歯肉を移植する手術も歯肉移植術といいます。尚、すでに歯を失っている部位が著しくくぼんでいる場合、上あごの歯肉を移植し歯肉の形態を正常に戻す手術(歯槽堤増大術)も歯肉移植術に含みます。これらの手術は将来の歯の健康維持を目的とした予防処置と考えられます。

 4)再生療法
  比較的軽い歯周病であれば、歯の周囲を清潔にすることで治ります。しかし、炎症が歯根の先端の方まで侵入すると歯根の周りの骨に破壊が起こります。そして、再生療法を必要とする歯周病の多くは、歯根の周りの骨が垂直的に吸収された状態です。その治療の目的は、吸収された骨を再生させることです。その手術の際に歯周組織再生誘導材料を手術補助の目的で使います。

エムドゲインゲル
  失われた骨、線維、セメント質などの歯周組織の再生を目的として、吸収した骨の内側(歯根の周囲)にエムドゲインを注入する処置です。1999年5月、私の所属する日本臨床歯周病学会学術大会において、エムドゲインの成果について学会を行い、多くの成功例が報告され、現在の歯周病治療の選択肢としてのエムドゲイン法の真価を決定づけました。日本において、エムドゲイン法を採用し、15年経過していますが、これからの治療経過をしっかり観察したいと考えています。

歯周組織再生誘導方(GTR法:テトロン製膜使用処置)
  歯根の周囲の骨の吸収した部位に骨の再生を促すために、テトロン製の薄い膜を使います。歯根の周りに穴が開いているような骨の吸収部位を膜でふたをして、膜の内側に骨の再生を期待します。使用する膜は吸収性膜と非吸収性膜がありますが、歯周病の病態を考慮して選択します。

3 修復補綴治療

 修復補綴治療は、通常の食生活の営みと適切な噛みあわせの機能を改善するために、仮の冠、ブリッジ、或は仮の入れ歯をある一定の期間使用します。それに続いて、最終的な冠、ブリッジ、そして入れ歯などを装着し、治療が終了します。これらの一連の治療を修復補綴治療といいます。
  初期治療、歯周外科治療、そして修復補綴治療を経て歯周病治療が終了し、それに続いて健康の維持と増進をはかるための保全療法(メインテナンス治療)に移行します。


4 保全療法(メインテナンス治療)

 全ての歯周治療が終了し、長期的な健康維持のための治療を保全治療といいます。そのためには、3-4ヶ月毎の定期検診に来院して頂きますが、その都度、歯のみがき法をチェックしたり、新たに付着した歯石を取り除きます。同時に、歯周病、むし歯の再発、或は噛みあわせの不調和など何らかの問題の派生について詳しく診査し、必要があれば直ちに解決策を計画し、実践します。
  保全療法の最大の指標は、充実した楽しい食生活の永続的な営みでしょう。そして豊かな人生を過ごすうえでの基盤になればと願っています。


歯周病とは >>>
歯周治療の種類 >>>
歯周病の治療例 >>>
 歯周病に関するQ&A >>>
 患者さんの体験談 >>>


■■■■■■ メール相談・お問い合わせ ■■■■■■

歯周病やその他歯に関するご相談をお受けしております。
気になることがございましたら何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

E-MAIL
氏名
年齢
住所
相談内容


 
歯周病専門医 目白若林歯科歯周病研究所
ご相談・お問い合わせ
診療所紹介
 ・診療方針
 ・診療所紹介
 ・アクセス・地図
 ・Q&A
 ・無料相談コーナー
歯周病の予防と治療
 ・歯周病のいまの症状を
  知ることの大切さ

 ・診療システム
 ・歯周病とは
 ・歯周病の種類
 ・歯周治療の流れ
 ・歯周病の治療例
 ・患者さんの治療体験談
一般歯科 etc...
 ・むし歯治療
 ・義歯(入れ歯)
 ・インプラント
 ・審美歯科
 ・予防歯科
コラム・講演など
 ・コラム
 ・歯周病を知ることの利点
 ・噛んで防ごう全身疾患
 ・歯周病とからだの健康