最適な健康を獲得するため治療に入る前に十分時間を頂き、患者さんの関心に沿って情報を収集します。 お問い合わせ
歯周病専門医 目白若林歯科歯周病研究所

メニュー
● 診療方針・スタッフ
● 診療所紹介
● アクセス・地図
● コラム
● Q&A
● 無料相談コーナー
● 歯周病のいまの症状を
  知ることの大切さ
● 診療システム
● 歯周病とは
● 歯周病の種類
● 歯周治療の流れ
● 歯周病の治療例
● 患者さんの治療体験談
● むし歯治療
● 義歯(入れ歯)
● インプラント
● 審美歯科
● 予防歯科

■■ アクセス・地図 ■■
 目白駅周辺地図
 JR山手線 目白駅周辺地図

 
歯科医師・歯科衛生士の方へ
  目白歯周病学研究会主催
  各セミナーのご案内 >>>
抜かないための歯槽膿漏の
  患者学
 若林勝夫 著
四六判並製 206頁 税込 1,470円
ISBN4 89007-045-1 C0077
歯と歯ぐきの間から入ったバイ菌が、歯肉に炎症をひき起こし、さらに、歯肉の中にある歯槽骨を溶かしてしまうからで、これが「歯槽膿漏」という病気である。
 すなわち、歯が抜けるのは、バイ菌が歯と歯肉の境目からわり込み、歯と歯肉を離れさせ、続いて骨をも溶かし、そして歯を支持している骨の量が少なくなることが、その理由である。さらに、この過程において噛み合わせの不調和や全身疾患等が、歯槽膿漏を悪化させる要因となることもある。
 したがって歯槽膿漏の治療は、その主原因である細菌との戦いに終始するわけであるが、もちろん、歯槽膿漏を助長する他の因子への対応も必要である。
 (本文より)

 

診療システム

  医療面接 (問診)  

 治療の目的は、最適な健康を獲得することです。そのためには、その病気を治すための適切な治療法を考案することが最も大切なことです。
  適切な治療法を導き出すためには、現在の病状とその経過を調べ、さらに治療に対する患者さんの希望や患者さんの環境などの背景を知る必要があります。

  それは治療に入る前に十分時間を頂き、患者さんの関心に沿って情報を収集します。尚、治療内容、治療経過、そして治療結果(治療後の治った状態)、さらに治療後の長期にわたる健康の維持(予後経過)などについて十分認識を頂き、そして治療上の意志決定に患者さん自ら参画して頂けるように、知識を提供いたします。このようなことを医療面接(問診)といい、治療のスタートラインに立つうえで極めて重要なことです。

 
痛みや不快などの問題がある場合   痛みや不快などの問題がない場合
 
  緊急処置  

 歯の痛みや腫れなどの症状のあるときは、その原因を早急に調べ、速やかに症状を取り除きます。また、歯が折れた、つめ物が取れた、冠が外れたなどという場合には、その場で仮歯を作ったり、つめなおしたり、元のようにします。入れ歯の具合が悪い、義歯がこわれた、などという場合はその場で調整・修理いたします。

 





   
問診(医
  医療面接 (問診)  
療面接)
   
 
  診  査  

 はじめに、視診・触診を行います、初診時に記入していただいた問診表をもとに、気になったところをチェックします。
  レントゲンは、お口の中を上下14箇所に分けて撮影します、口腔内の写真も(これは後でスライドにしてお見せします)15枚程度撮ります。
  歯型を上下採ります、これは咬み合わせや歯並びを診ます。
  歯周病の診査も行います、プロービングといって歯周ポケットの深さを測ります、また、歯の動揺度、歯垢、歯石の付着の状態も診査します。

 緊急処置を終えられた方にも、ご希望があれば(ほとんどの方が行っていらっしゃいます)詳しい診査を行っています。
 症状が出た(緊急処置を必要とした)ということは、何らかの原因があるはずです。その部位にとどまらず、お口の中全体の診査が必要です。

  診  断  

 診断は、「疾患とヒトの履歴書を作成することである」その目的は、症例の将来(予後)を占う(予測)ことである。   By若林勝夫
  充分に詳しく診査した資料をもとに、診断します。レントゲンからは、目で見えない部分がはっきりしてきます。歯の状態、骨(歯槽骨)の状態、病巣の状態までわかります。歯型からは、咬み合わせや、干渉(自分では知らないうちに避けている)などがわかります。

  歯周ポケットは、歯周病を診断する上でもっとも重要な資料です、これをもとに、正常、軽度、中度、重度の度合いがわかります。
  これらを総合的に判断し、治療計画を立てていきます。

  カウンセリング  

 診査・診断の結果をもとにして担当医より、お話をさせていただきます。
  症状、原因、治療方法、治療期間、費用にいたるまで、細かくスライド写真や今回作製した患者さんの歯の模型などを使い説明します。
  最適な治療計画と予防計画を定め、それを患者さんが理解をしていただき、納得していただいたうえで治療が始まります。

  予防プログラム(口腔衛生指導)  

  −豊かな人生を送るために−
  私たちは、「予防」のために努力して「いつまでも、おいしい物を自分の歯で噛めること」を願っています。それは、ただ歯がある、ないという問題でなく、自分の歯がそろっていることが、人生を積極的に生き、歳を取っても生活の質が高く保たれることにつながるからです。
  歯ブラシ1本から始めましょう。正しいブラッシングが一番の予防につながります。衛生士からブラッシングをマスターしましょう。
  歯垢・歯石を取ることも大事です。衛生士は、クリーニングのプロフェッショナル。お口の中の歯垢・歯石を取り除き、綺麗でツルツルな歯で気持ちよさを実感してください。歯ぐきも引き締まり、健康なピンク色になります。
  この状態を持続させることがブラッシングであり、予防の基本です。

  治  療(Treatment)  

 治療計画で説明したように、計画的に治療をすすめていきます。
 歯周治療、修復治療、補綴治療等、経験だけでなく科学的に裏づけされた治療法の提案をいたします。

  メインテナンス  

 全ての歯周疾患を治療するにあたり最も大切なことは、治療が終了してから長期間にわたり、充実した楽しい食生活を送ることが出来るかどうかということです。そのため、治療終了後3ヶ月〜4ヶ月毎に定期検診に来院して頂いています。

 当医院では、30年来定期検診に通院されている患者さんで一度も歯を削ったり、歯肉の手術をすることなく過ごしていらっしゃる患者さんが多くいらっしゃいます。心がけ次第で、一生自分の歯で食べることができます。「口の中に生えてきたすべての歯は他の臓器とともに生涯機能し続けるものだという頑強な意志を持つべきであり、そのための惜しみない努力により健康な人生を自ら勝ち取って頂きたい…」これが私たち目白若林歯科歯周病専門医院院長及びスタッフの切なる願いです。

     
メンテナンスを欠かさなければ・・・   何年経ってもきれいなままです。

 

歯周病とは >>>
歯周治療の種類 >>>
歯周治療の流れ >>>
歯周病の治療例 >>>
 歯周病に関するQ&A >>>
 患者さんの体験談 >>>


■■■■■■ メール相談・お問い合わせ ■■■■■■

歯周病やその他歯に関するご相談をお受けしております。
気になることがございましたら何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

E-MAIL
氏名
年齢
住所
相談内容

歯周病専門医 目白若林歯科歯周病研究所
ご相談・お問い合わせ
診療所紹介
 ・診療方針
 ・診療所紹介
 ・アクセス・地図
 ・Q&A
 ・無料相談コーナー
歯周病の予防と治療
 ・歯周病のいまの症状を
  知ることの大切さ

 ・診療システム
 ・歯周病とは
 ・歯周病の種類
 ・歯周治療の流れ
 ・歯周病の治療例
 ・患者さんの治療体験談
一般歯科 etc...
 ・むし歯治療
 ・義歯(入れ歯)
 ・インプラント
 ・審美歯科
 ・予防歯科
コラム・講演など
 ・コラム
 ・歯周病を知ることの利点
 ・噛んで防ごう全身疾患
 ・歯周病とからだの健康