患者さんの歯周病治療体験談をご紹介致します。 お問い合わせ
歯周病専門医 目白若林歯科歯周病研究所

メニュー
● 診療方針・スタッフ
● 診療所紹介
● アクセス・地図
● コラム
● Q&A
● 無料相談コーナー
● 歯周病のいまの症状を
  知ることの大切さ
● 診療システム
● 歯周病とは
● 歯周病の種類
● 歯周治療の流れ
● 歯周病の治療例
● 患者さんの治療体験談
● むし歯治療
● 義歯(入れ歯)
● インプラント
● 審美歯科
● 予防歯科

■■ アクセス・地図 ■■
 目白駅周辺地図
 JR山手線 目白駅周辺地図

 
歯科医師・歯科衛生士の方へ
  目白歯周病学研究会主催
  各セミナーのご案内 >>>
抜かないための歯槽膿漏の
  患者学
 若林勝夫 著
四六判並製 206頁 税込 1,470円
ISBN4 89007-045-1 C0077
歯と歯ぐきの間から入ったバイ菌が、歯肉に炎症をひき起こし、さらに、歯肉の中にある歯槽骨を溶かしてしまうからで、これが「歯槽膿漏」という病気である。
 すなわち、歯が抜けるのは、バイ菌が歯と歯肉の境目からわり込み、歯と歯肉を離れさせ、続いて骨をも溶かし、そして歯を支持している骨の量が少なくなることが、その理由である。さらに、この過程において噛み合わせの不調和や全身疾患等が、歯槽膿漏を悪化させる要因となることもある。
 したがって歯槽膿漏の治療は、その主原因である細菌との戦いに終始するわけであるが、もちろん、歯槽膿漏を助長する他の因子への対応も必要である。
 (本文より)

 

根本を治すことの大事さを知った(2007年の手記)

私は年中、歯医者に通って歯ぐきを切っていた。とにかく歯ぐきが弱かった。いつも歯石をとってもらっているのに歯ぐきが炎症をおこす。そのうち歯ぐきがなくなってしまうのではないかと心配したほどである。
  若林先生のところに来る前にも、やはり歯ぐきを切られて、包帯のように歯ぐきを石膏で固めていた。それに、前歯も痛み、グラグラしていた。
  年中治療もうけ、食後や寝る前には、歯もまめに磨いているのに、どうして痛みは止まらないのか。来るたびにどうして歯ぐきを切らなければならないのか。それにさんざん待たせたあげく、治療台に坐って口を開けたら、もう終りといった治療だった。しだいに不満がつのっていった。
 
  そんな時に、店のお客の紹介で若林先生を知った。
  それまでも、良い医者だと耳にしたらたずねていった。何軒の歯医者をたずねたかわからない。歯医者にこうまでかかっているのに、どうして歯は治らないのか。むしろ悪くなっていくとさえ思える。それが納得できなかった。
 
  そこで歯科医院を変えるのは、もうこれが最後にしたいという思いで先生をたずねた。
  院内に貼ってある一枚の紙が目にとまった。そこにはこう書いてあった。
  「相手の立場になって、自分だったらどうしてもらいたいかを考えよ」
 
  信頼できる先生だと思った。
  重症の歯槽膿漏だった。歯は抜け落ちる寸前だし、痛む。たくさんのレントゲンを撮り、その一枚一枚についてくわしく説明してくれた。そして治し方を説明して私に同意をもとめた。本人が納得して、同意して、治す気を起させなければダメだという。この先生ならきっと治してくれる。私はむしょうに嬉しくなった。
 
  ブラッシングから始めることになった。自分はちゃんと磨いているという自負があった。しかし違っていた。食べカスがとれればいいといった、それまでの考えかたがくつがえされた。すべてはこの磨き方にあったのだ。
 
  とくに私は前歯を軽視していた。食べる時には、前歯は使われていないとさえ誤解していた。ところがいざ歯槽膿漏になってみると、うどんさえろくに食べられないことに気がついた。うどんはまず前歯で噛んで食べることを知った。
  前歯は決して飾りであるのではなく、噛むうで、重要な役割をしていることを知ったのだった。
 
  28本の歯がすべて健全な時には、1本の重要性はわからない。しかし、1本が欠けたり、グラグラすると、その1本の重要さが身にしみてわかってくる。
  うどんが噛めないどころではなく、私の前歯は、くしゃみをすれば抜け出そうなほどひどかった。だからいずれ入れ歯になると覚悟していた。
 
  ところが前歯だけではなかった。前歯よりひどいところがあるといわれた。そのため、歯のまわりの骨の移植という大手術もしなければならないともいわれた。
  そのためにも、まずはブラッシングであった。真剣に取りくんだ。初めは少々痛かったが我慢をした。歯が抜けるよりましだと思い懸命に磨いた。
 
  私はもともと内臓下垂で、寝ているだけの時期もあったぐらい、体が悪かった。それで食事も人一倍気をつかっていた。しかし先生から、「根本を治さなければ、食べ物にいくら気をつかってもダメだ」といわれた。
  根本を治せば、歯も丈夫になり、したがって何でもよく食べられ、胃にもいい影響をあたえて健康が保持できる。それを私はしたのだ。
 
  私の歯はいま一本も悪いところがない。こんな素晴らしいことはない。
  健康になった歯を維持するために、いま三ヶ月に一度の定期検診をしている。定期検診をすると、磨き方が悪くなってきたのが、てき面にわかる。しっかり磨いているようで、そうでないところが正直に現われる。そのチェックができるので大切なことだ。
 
  いまでは、どこへ行くにもブラシを持っていく。ゴルフに行っても、プレイが終わるとすぐ磨く。磨くことが習慣になってしまっている。だから、他人の歯が汚れているのを見たりすると、歯を磨くことに大切さを話さずにはいられなくなる。磨くことを怠れば、必ず痛いツケがまわってくることを嫌というほど私は体験した。悪因悪果、善因善果、因果応報ということを肝に銘じている。
 


患者さんの治療体験談トップに戻る

歯周病とは >>>
歯周治療の種類 >>>
歯周治療の流れ >>>
 歯周病の治療例 >>>
 歯周病に関するQ&A >>>
 


■■■■■■ メール相談・お問い合わせ ■■■■■■

歯周病やその他歯に関するご相談をお受けしております。
気になることがございましたら何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

E-MAIL
氏名
年齢
住所
相談内容


 
歯周病専門医 目白若林歯科歯周病研究所
ご相談・お問い合わせ
診療所紹介
 ・診療方針
 ・診療所紹介
 ・アクセス・地図
 ・Q&A
 ・無料相談コーナー
歯周病の予防と治療
 ・歯周病のいまの症状を
  知ることの大切さ

 ・診療システム
 ・歯周病とは
 ・歯周病の種類
 ・歯周治療の流れ
 ・歯周病の治療例
 ・患者さんの治療体験談
一般歯科 etc...
 ・むし歯治療
 ・義歯(入れ歯)
 ・インプラント
 ・審美歯科
 ・予防歯科
コラム・講演など
 ・コラム
 ・歯周病を知ることの利点
 ・噛んで防ごう全身疾患
 ・歯周病とからだの健康